資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

カールマルクス・トマピケティ、国家公務員情報局 

超能力研究者コンタクト取りたし

魂を信じろ

スピリチュアリズムということではない。
人間がこの世に残した影響力や情報は死後もあなたとして生き続ける。
だから労働問題で戦わずに負けたという情報は霊としてあなたに残るわけだ。
それでいいのか?

この物理的人生で叶わなくても未来、そして子供達、その子供達が死んでもその子供達に、
自分が誇れる労働問題に戦ったという魂を残そうではないか。

私の戦いもそういう戦いだ。
来世がある。

この世の死を超えたあなたの影響力だ。
労働問題で自分ができることを試し、やけっぱちにならず、
粘り強く戦ってほしい。

そうすれば魂のレベルであなたは救われる。
自分の魂は自分で救うのだ。
そのための一助となる仕事を俺はチャレンジする。

それが魂の解放だ。

生きている間、解放されないから、つまらない。
そういう思いもあろう。
でも人生ってのは魂なんだ。
未来の自分の魂に何が残せるか考えてほしい。

足洗神社ここで汚れを清めてねクリック(広告です) xs