資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苦労しろ大学 

ネット大学を目指します とりあえず東洋医学の普及です 鬱・頸椎症 西洋医学で見放された人はどうぞ

経済学批判5

では我々はどういうところから経済を語るのか?
これは個々それぞれの職業や実体験の記述からなる
今日はやる気のないソープ嬢についてうんざりしたけども
これだって立派な消費者余剰の損失である。
仮名イザヤというがこれまた別嬪さんの風俗嬢がいて
その風俗嬢は気立てもよく、それを基準に考えるから
今日の最悪風俗嬢の1万5千円は捨て金になる。三万ぐらい捨てた気分だ。
このように期待値がまずあってそれから余剰は測られるのである。
安田のバカとかに税金で阪大の予算がついてるが、彼の給料の100倍くらいはもったいない
安田はカスである。

例えば私の方法論でいうなら普通に就職したら味わうサービス残業
これを知らない灯台でのボンボンだからマルクス経済学は意味がないとか言うのである。
私は印刷営業で搾取され公務員で逆搾取したのでいえるのである。

体験からマルクスも正しいと
ただヘーゲル哲学とかに絡めるとか脳が膿んでるとしか思えない。
そういうかっこつけが経済学を腐らせる