資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

カールマルクス・トマピケティ、国家公務員情報局 

超能力研究者コンタクト取りたし

経済学批判3

だからまず制度派的に制度をきちんと理解し、その上で数理を補助に使うというアプローチが求められている。
制度をまず法共同体の欠陥だとしたら法共同体を癒す、労働基準法学習の普及などが望まれる。
もちろんろうにも派遣を認めるなど問題はあるのだが、少なくともルールは前提になる。
今は全くのアナーキーなのだ。

これに対して民主主義の不足というのは間違えている。民主主義とは一面で法を作ることであり、
法の知識なくして民主主義もないのである
足洗神社ここで汚れを清めてねクリック(広告です) xs