資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

カールマルクス・トマピケティ、国家公務員情報局 

超能力研究者コンタクト取りたし

ついに発見、公務員民間等経験者試験

長きにわたる無職修業の旅、大義で有った。俺。家族。みんな。
ついに公務員民間搭載用試験を見つけた。これはいける。
年齢不問とはやるな。

金ではないのだ。私は公務がやってみたかったのだ。民間でブラックな毎日を送ること数度、是非これを公務で撲滅せん。
又、医療で西洋医学偏重、東洋医学警視も問題に思っておった。これも公務で調整するしかないではないか。
又地方精神科の五時間待ちなど是非に共改善せんきゃならん。これも公務でやるべきではないか。
又コンピューターの健康の悪さ、これも公務で解決するべきではないか。
ユダヤ王の心動かす、文学賞の公募、これも公務でかいけつするべきではないか。
公務に復活すれば好きな子と結婚できるかもしれないではないか。
公務に復活すれば、ユニセフに募金できるではないか。
公務に復活すれば、週末作家として売った金は全部募金で商業ベースで作家業にも挑戦できるでは無いか。
公務に復活すれば、テニスできるではないか。
公務に復活すれば親孝行も出来るではないか。
公務退官後はどこかで教官として教えればいいではないか。

是非とも我が手中に公務を掌握せん。

獅子奮迅の我が働きを見よ。

足洗神社ここで汚れを清めてねクリック(広告です) xs