資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

カールマルクス・トマピケティ、国家公務員情報局 

超能力研究者コンタクト取りたし

無の瞑想を基本に宗教を語る

仏教
無の瞑想を繰り返し諸行無常諸法無我を念じきれば名反寂静は可能。
在家でもしずかになれれば可能である
法華経で一切仏性は頷けるがしずかになる下部構造が必要。
一切常生はそんなに必要か
これはいわば梵我一如でありキリスト教イスラム教の永遠の命である
だが霊的にそこまで瞑想を深めることも可能である。

梵我一如瞑想。コンプレックスを変えた方法と同じく偉大な神を本当に妄想する。
ここでは本当に信じねばならない.そうすると神に一対二なり本当の衛オ園の命の瞑想が出来る。

ただイスラム教の広がり方は征服である
イスラム教は優れた教えだがキリスト教徒同じく世俗化し征服で版図を広げたことに問題がある
平和裏にその断食しそう舎利思想のすばらしさを広めねばならない。

なぜならば仏教的無の瞑想、キリストイスラムヒンズー的梵我一如の瞑想でも
静かな瞑想場所という下部構造が必要になってくるからだ
これからのマルクス主義はそれを目指すことになろう。

足洗神社ここで汚れを清めてねクリック(広告です) xs