資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

超人ロックになる大学 

超能力研究者コンタクト取りたし

2chの典型的な現実無視例

反証と言ってもスティ―ドマンの結合生産の例を一般に適用させる方法なんだけど 
金銭以外の正の効用を結合生産すれば特定の需給をする労働者と資本家は搾取なしに余剰が発生すると思うんだけど 
何か反論ある? 

というスレがあったが書き込めないのでこっちで書いておく。
1論理的におかしい。
金銭以外の結合生産を資本家と労働者が搾取というフレームですることはない。
例えば資本家と労働者のハイキングなら別だが、生産フレームでなぜ、
金銭以外の結合生産で生活していけるのか証明しないと意味をなしてない。
2問題設定が誤っている。
非正規雇用サービス残業という明確な搾取がない場所で、それでも搾取は存在するんですよ
というのがオキシオのマルクスの基本定理であって、搾取が明白な場所で、搾取があるない
いうのは末期的な学者の現実逃避。