資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

カールマルクス・トマピケティ、国家公務員情報局 

超能力研究者コンタクト取りたし

このブログを書くにあたっての新古典派、マルクス派との利害の一致

ハーバード交渉術読み終えました。速読ですが。
さて第三の道を考えましょう。まずモデルというものは新古典派マルクス派ともに重要なわけです。ただし社会科学で新しいモデルビルディングしなきゃならない場合があります。その刺激剤としてこのブログを読んでいただければいい。それならば共通の利害になるはずです。私はあなた方から仕事を取り上げるようなバカな真似はしません。正統派モデルの王道、それに対する読むに値する奇道をご提供しているわけです。社会科学のストックがあなたたちです。それに刺激を与え、どうフローが変わるのかというスタンスで話させていただきます。私も会計学等準備が十分でもなく、実際のミクロ経済、いわゆる実務の現場を知らない。まるで知らないではないけれど十分なものではありません。私が目指すものは経済学経営学の統合です。そういう意味合いで読んでいただければ幸いです。

足洗神社ここで汚れを清めてねクリック(広告です) xs