資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

超人ロックになる大学 

超能力研究者コンタクト取りたし

ブログ方針

さて、国家試験、中小企業診断士行政書士にチャレンジする私は五割代という答案試験解答率にショックを受け、夜も勉強しようかな。ついでに資格試験の内容をネタにブログも書いちゃおう。
開業して、ゆっくりと経済学、経営学会計学、法学の研究に勤しもうとスケジュールチェンジしたわけであります。そういうわけですがカンバン方式有名ですね〜。同期化、流れ化、段取り改善、小ロット化、多能工化、平準化生産、自働化、品質改善、保全活動でリードタイム、在庫縮小です。中小企業診断士試験のすごいところは基礎的な経営学をコンパクトに学べちゃうところですね。で、中小企業に飛び込んで生の経済を知れるところです。しびれますぜ。で問題意識を持ったらあれこれ方策を考える基礎になるということです。でセル生産ってのもあります。異なる機械をまとめて機械グループをセルと呼んでます。グループテクノロジーを利用した多能工です。ちょうど受験勉強と似てますね。U字ラインで一人多能工です。不良品が減ります。モチベーションが上がります。小学の設備投資ですみます。多種少量生産対応。同期化、生産性の向上。
デメリットは育成困難。習熟期間が長くなる。改善努力が必要。製品設計。生産設計。容易化。組み立ての容易化は必要です。
つまりですよ僕がブログなり、受験したり、するのもそういうことなんです。またこれは事務職にも言えることだと思います。明日はライン生産方式