資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

カールマルクス・トマピケティ、国家公務員情報局 

超能力研究者コンタクト取りたし

再分配経済学、執筆決定。なぜ本が売れないのかわかった。

さて今日は資格試験の勉強をお休み、知り合いの主催するイベントに行って参りました。
ユニセフのミサンガを買い、TFTという団体の学生のセミナーを受けてきました。
ここで厚かましく僕はマーケティングもさせていただいたんですが、
非常に参考になりました。俺の本はなぜ売れないんだろうと不思議に思ってましたが
要するに顧客のことを考えてなかったのです。というか考えてたけど知りませんでした。
生の声を聞き、ああそうかと非常にヒントになりました。要するに僕の本は経済学オタク過ぎて
一般の人には専門過ぎ、専門家が手を出すには怪しすぎたのです。労力はかかりますが、基礎の基礎から徹底説明すればいい。それだけの話でした。

何せ私はミクロ・マクロ・マルクス・進化・制度派10年最近では中小企業診断士としての勉強で、経済学の入門書なら書けます。そこで独自の戦略ミクロマクロ経済学まで開発しかけてるところです。ただの入門書ならありふれてますが差別化もできます。ある意味仙人です。とは行っても暇だからだったんですが。w このたびこれで食ってくことになりました。
それでわたしもこのTFTの皆さんと同じく再配分主義なんですね。再配分主義はピケティ、クルーグマンスティグリッツ世界の流れですが、
基礎的な理論武装は必要、池上彰さんや木暮太一さんやマンキューさん並に優しくしかもこれらの経済学がなぜ今のところうまくいかないかの欠点も書きましょう。きっと皆さんの理論的なお手伝いができると思います。

さてTFTは給食ですね。TFT商品を頼むと発展途上国の人々に20円分の給食が届きTFT商品はヘルシーなので生活習慣病予防になるというNGO団体です
Twitterアカウント@ththakodate FacebookページTFT-HAKODATE
フェアトレードみたいな感じですね。
ただフェアトレードマークについてご存じなかったようなのでご説明しますと
フェアトレードはご存じだと思いますが平等な貿易で、ヨーロッパでは商業ベースに載せ、フェアトレードをマークにして結構、売るところまで行ってるんですね。
これだとスーパーでフェアトレードマークを買ってで社会貢献です。
だから商業ベースに乗せて行くってのも一つの手ですね。
それには基本的な経済学/経営学の知識ももちろん必要です。そのための私、経営コンサルタント見習いです。好きな経済学やって、飯が食えて、社会貢献できれば多少の労力は惜しみません。
貴重な勉強をさせていただいたご縁に感謝です。ユニセフミサンガのお導きでしょう。

足洗神社ここで汚れを清めてねクリック(広告です) xs