資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

カールマルクス・トマピケティ、国家公務員情報局 

超能力研究者コンタクト取りたし

優良企業の固定費

f:id:kurosiro1:20150523224811p:plain

優良企業は最低保障人件費、福祉、社会貢献、労働基準、環境基準など押さえた上で、
Aという固定費にする。これはゲームの問題で

お互いに優良企業なら固定費はそういたくなくなる。固定費を削ってまで
コストダウンする企業は行政からも、企業団体からもつまはじきされるべきであろう。

つまり私の企業モデルをまとめると企業は搾取をやめお互いに連携をとって固定費を認め
企業努力でコストダウン差別化係数を高めるべきである。

そして不況の時は政府に助けてもらい、好況の時は再分配する。
そして優良企業を増やし、税の分配を分け合うことこそ必要であろう。

企業も人も政府もどうしても無駄がでるでも不完全でも効率的に近づけることはできるのだ。

そして福祉の搾取なき固定費と豊かさを誇りとし、優良企業、優良政府であることを誇りとするべきであろう。

足洗神社ここで汚れを清めてねクリック(広告です) xs