資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苦労しろ大学 

ネット大学を目指します とりあえず東洋医学の普及です 鬱・頸椎症 西洋医学で見放された人はどうぞ

建設国債批判

珍しくマクロ経済学の記事を書いて今日はおしまいにするが、

まずバックルッキング、ナウルッキング、フォワードルッキング
マクロ経済学を作るべきだ。

するとまずバックルッキングではストックを考える。
たとえば今は国土強靭化があるからストック的にも無駄な道路という者はないが、
建設国債は道路などストックになる者にしか使えないコトになっている。
だがこれだと公共投資をしすぎるとストック過剰で乗数効果が働かない、
そこでフォワードルッキングで将来資本蓄積しそうなところに国債を使えるようにする。
建設国債は将来世代が役に立たないと意味がないからだ。
だから道路という建前になっている。
だから資本蓄積国債に変えるべきである。公務員も資本蓄積に合わせて配置転換するべきで、
そうしないと税金が無駄になり乗数効果もうまく働かない。

GDPのほかに累積ストックGDPを作るべきである。まずは斉藤マクロにもあったが指標からだ。