資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

超人ロックになる大学 

超能力研究者コンタクト取りたし

微分の問題

つまり微分を無理やり当てはめてるから予算線の効用最大化
などというわけだ。無理やり微分せず予算制約の中で中程度予算線にめり込んだモデルを普通の人とし、めり込む具合は任意で弧の面積を出せばよれが効用範囲である。そうすれば最適消費がないから需要曲線が帯になる。数学的には手法が変わるが現実に近い。
また生産フロンティアに無理やり微分するから完全効率経営というとんでもが出てくるこれも微分せずある任意の効率範囲にすれば供給関数も帯になる。
例えば実際の経営コンサルで使う予測方法でも数学的には簡単だが、数量誤差、価格誤差など必ずでてくる。
実際の効率範囲を考えるべきである。すると誤差や無駄があるからフォロアー市場でも完全効率には決してならない。数式より現実である。