資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

超人ロックになる大学 

超能力研究者コンタクト取りたし

なぜ少子化は起こるのか

まず団塊世代は、企業に就職すれば、学校に入ればなんとかなるとー思った世代であり、起業、雇用、福祉という人間の最も基礎的な家庭教育を怠った世代だった。
また社会にもそれを補正するシステムがなかった。
団塊ジュニア世代はバブル世代でスポイルされて育ち、就職時にいきなりの氷河期を迎える。彼らも戦略思考は何も持ってない。
日本の長期経済低迷はグローバル化で、安い人件費が大量に競争相手になり、日本人自身が賃金が下がり結婚できなくなったからだ。

比較優位説で、労働は比較優位してはいけないというタブーを知らなかった経済学者の責任は重い。また新貿易論でも人件費は聖域にしないといけない。
また複雑な市場を何でも完全競争市場でしか表せない知的荒廃は官僚化した学会の実際の経済を知らない責任だ。つまり徒弟制である。
実際に企業に勤めてみれば企業が戦略的なのがわかる。完全競争市場をフォロワー市場とこれから呼ぶが戦略的適応で希少な市場環境の中でフォロワーについたから彼ら言い値に従うのであり、企業がそれだけ多いのは結果である。リーダー、チャレンジャー、ニッチャーになる企業は独占、寡占、独占的競争に位置し、グローバル化を評価する際もその点を考えつつ供給曲線やゲームを考えねばならなかった。その点の無理解とマルクス経済学との対立で需要曲線を階層ごとに引かない分析がミクロのスタンダードになってしまった不幸がある。
グローバル化を批判できなかった主流派の罪は重い。もちろんマルクスや進化も本質的になんら分析道具がない。

だが生産的なことを書けば、人件費ブロック化や貿易のルールなどを見直せばこれらのことは変わりうる。

これだけ世の中に被害を与えた経済学会であるから、あらたな進歩がのぞまれる。