資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

超人ロックになる大学 

超能力研究者コンタクト取りたし

人件費ベース ブロック化 人間主義貿易

貿易は確かに自国内より商業圏を高め、効用を増加します。

ただし次の条件を加味しないといけません

1生活費の違う国でやる場合、比較優位で、人件費を安いところに比較優位すると先進国に貧困国からの貧困の輸出が起こります。これは貧困国の先進国への搾取でありフェアではありません。
グローバリゼーションはこの構図の元に成り立っています。

2そこでブロック化です。
生活費の違う場合、人件費が比較優位の婆愛は貿易せず、人件費が同じ、または人件費以外の比較優位を持つ場合、貿易します.これで人件費を保てたまま経済成長できます。

ですから
貧困国 資源 先進国 金銭


なら言い訳です。

金銭が貧困国に蓄積し経済発展の道がひらけます。

先進国同士で貿易する際にも人件費で勝負しないことです。

先進国 技術 資源*先進国 技術 資源


貧困国 貧困国の技術 資源 * 貧困国 貧困国の技術 資源


ならば失業者を出さず、お互い経済発展できます。

1 つまり比較優位で労働を安く売るのをやめることが第一です。

こうすると自然に人件費が同じです。

2 先進国かラ貧困国への所得再分配 技術支援

これを義務づけます、貧困国がの技術にはやく先進国並みにするのです。

ただし人件費では勝負できず関税をかけます。

こうすると貧困国にも先進国と同じ技術で同じ人件費で勝負できます。


これこそフェアな貿易です。グローバリゼーションの悲劇はなくなるでしょう。