資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

超人ロックになる大学 

超能力研究者コンタクト取りたし

グローバリゼーションの終わり、ブロック化へ

たとえば
トヨタの原生産拠点はタイですが、これを国際公共財で関税化し先進国には輸出できないようにします。さらに日本に製造拠点を移します。これでタイには失業者が出ますので日本は補償金を払います。
タイの生活費向け財サービスの工場などに転化するよう日本は再配分します。


トヨタが国際競争に敗れるわけがないのは国際公共財で他の国も人件費には関税がかけられるため、競争相手も生産拠点をアジアから移すからです。自国で生産し生活費が同じなら輸出入します。


これで国内に雇用と人件費が確保され、労働基準を守って、人口減もストップします。


問題はタイやアジアが成長の機会をなくすことですが、まず先進国向け人件費ではなく途上国向け財サービスに変化させます。さらに先進国に対抗できるように技術などは再配分支援を受けます。
それで同一人件費の中国などと貿易して成長します。人口はqいるのですし貿易も無理なく行えます。


ユニクロは中国から生産拠点を日本に移します.ZARAなどの他の企業も同じです。

日本の所得が上がっているため売り上げもそれなりにキープできますし、要は競争は相対的競争相手ですから、しまむらその他競争企業も同じです.これで産業の空洞化を防げます、ZARA等も同条件ですから海外進出も可能です。

要するにグローバリゼーションからブロック化に転化することにより人件費デフレを抑えることができます。


こうすれば貿易を行いながら、成長が無理なく可能です。

要点は、人件費の低さで勝負しない。その他の経営資源イノベーションとマーケティングをはかるです。

利得をまとめましょう

日本先進国 産業の空洞化を防げる。雇用、労働環境がよくなる.少子化が防げる。

中国アジア 再分配を受けられる。無理ない資本蓄積で環境、労働環境で資本蓄積

貧困国 再分配で自立化。