資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

カールマルクス・トマピケティ、国家公務員情報局 

超能力研究者コンタクト取りたし

階層需要供給曲線

f:id:kurosiro1:20150512235636p:plain


まず財力におうじてD1>D2>D3

これに対して寡占でないが寡占的、独占的競争を考えると

考えられるのが差別価格である.階層に応じて差別化価格を出し

住宅の場合、総合シェアでもうけるのである。その際に所得証明などが必要になる。

これで階層的にもある程度平等に住宅が行き渡るのである。

人間の必需品には階層的需要曲線が好ましい。f:id:kurosiro1:20150513000932p:plain

また企業の供給曲線もこのように分けるべきである。S1>S2>S3の規模である。
f:id:kurosiro1:20150513003654p:plain


これが市場の基本だろう。

独占的競争
中期独占競争
独占競争を同時に表している。

足洗神社ここで汚れを清めてねクリック(広告です) xs