資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

カールマルクス・トマピケティ、国家公務員情報局 

超能力研究者コンタクト取りたし

政府の失敗と新古典派完全競争市場崇拝批判

たとえば労働環境市場がある.部分均衡で完全競争市場だとしよう

最低賃金法の反対の論理はこういうことである。

そのとき児童労働を認めないと完全競争市場の論理で児童市場を認めるか?

これは完全競争市場の論理なら認めるべきなのである。

これは部分均衡でできるだけミッシ―という考えを取りいれてないからおかしい視野狭窄だ。

ほかに部分均衡を考えて児童に補助金を出しこの完全競争市場を消してしまうというのが答えだ。

ミッシ―とは経営学の考えだがもれなくダブりなしというコトだ。論理的には不可能だ漏れがないには無限の資源が必要だし、ダブりなしは我々は素粒子なのでできない。

だからできるだけ多面的に部分均衡を考えるコトをできるだけミッシ―という。

これは我々は部分均衡を塚q有為上恣意的なコトは避けられない.だがほかに方法がないから使う。


ここでは完全競争市場で低賃金の労働者や児童労働の完全競争市場があることを既成の事実として
受け入れてしまうからおかしい

ほかに部分均衡を作り補助金を出してこの市場そのものを消してしまう。

スいると財源という部分均衡も現れる。

これは累進課税だろう。

累進課税把握コストという部分均衡が現れる

では消費税と脱税見逃しの社会コストを考える。


できるだけミッシ―とはこのように使う。


ウハウハいってる連中は独占寡占等にいるのであって完全競争市場にいる人はコトラ―流に言えばフォロワーであり弱い人である.自分で利潤を得られないのだから。

足洗神社ここで汚れを清めてねクリック(広告です) xs