資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

カールマルクス・トマピケティ、国家公務員情報局 

超能力研究者コンタクト取りたし

今日はいわゆるキャズム等を資本ゲーム分析する

第1期

1/2 新商品【A】 ユーザーの新規への恐れ【B】

A ///////////// ( 2,2 )//////////////// ( 1,1)

B ///////////// ( 1,1 )//////////////// ( 2,2)
第2期

1/2 新商品【A】 ユーザーの新規への恐れ【B】

A ////////////// ( 2,2) ///////////////// ( 1,1)

B ////////////// ( 1,1) //////////////// ( 4,4)

第3期

1/2 新商品【A】 ユーザーの新規への恐れ【B】

A ////////////// ( 2,2)////////////////// ( 1,1)

B ///////////// (1,1) //////////////////( 8,8)


キャズムをモデル化してみた///////に意味はない.スペースがうまくつかないので代用である

まず第一期に均衡し、均衡したところのみが実現可能であるからそこの利得が資本蓄積するとする。
新製品は総バージョンアップしないものとする。ただ一般品になれている方はそれに恐れを感じる
というわけだ。それが蓄積すると考える。

このようにユーザーは新規リスクを本能的に持っている。
クロマニヨン人時代から我々は変わっていない。
新規なものにはリスクを感じる。ではどうするか
一つは広告である。

今晩はそれについて考えたい。

足洗神社ここで汚れを清めてねクリック(広告です) xs