資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

超人ロックになる大学 

超能力研究者コンタクト取りたし

総集編その2 資本主義のジレンマ

アロードブリュー経済の一般均衡論と厚生経済学第一定理と第二定理

はまるで市場共産主義のようである。

ポーターの5フォースモデルを思い出してもらいたいが、人間は戦略的な生き物でアダムスミスの言う自分の欲求をそのまま出して調整するモデルはゲーム理論では否定されているが当然である。

まず完全競争市場だけのアダムスミスがあるわけでなし、必ず市場の失敗を伴ってアダムスミス型調整があり、というか完全競争市場的なアダムスミスもあるがそれはポーターのいうフォロワー戦略にすぎない。これがマルクスのいうとおり拡大再生産を目指して運動する。無限蓄積というより、蓄積は複数均衡する例えばこれ以上拡大しないということもありうるからだ。

ただこのように新古典派の分析を持っても資本主義は非効率のジレンマを持っている、公共財が必要である。公共財も失敗しうるが。

これが資本主義第一のジレンマ


第二はおなじみピケティのr>g

第三は天然資源を元にしているという仮定に基けば拡大再生産をくりかせるわけがない。これを先進国レベルで見つけたのが水野和夫だと思う。

いずれは発展途上国の開発もあるが単純再生産をも考えねばなるまい。