資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

カールマルクス・トマピケティ、国家公務員情報局 

超能力研究者コンタクト取りたし

イノベーション ポジショニング等における15の価値

1技術、
これはテクニック、あるやり方の情報ですよね.だから情報ともダブるんだけど
ほかの価値と組み合わせて考えていきます。
2労働
だと専門職ということになりますよね.熟練労働とか。
3道具
これは技術によって物理的にどんどん発展してますね。どこまで行くのか。
4情報
情報それ自体がたとえば神が宇宙を作ったから、ビックバンまで学問値ですね
蓄えられていく。
5社会
これは社会は進歩してるのかってのは構造主義から考えると変わってともいえない。
6時間
時間自体が道具の技術により変化していくわけです。
7空間
空間それ自体が道具の技術により変化していくわけです。
8自然
自然それ自体がもはや技術によって変わってしまったけど、この人工環境ってのも自然なのかもしれない。
9愛
愛も社会によって様々な技術があるわけです。
10活動
活動も消費活動が、ゲームやったりするとかネットとかもはや昔と大違いですよね。
11精神
そういう中で精神の技術も変わる。適応です。
12物語
たとえばネット右翼なんかも国民国家にすがらなければならない物語技術ですよね.私はグローバリズム技術ですがこれも物語技術で。
13老廃物
これが困りました値再利用できない技術が増えていく
14交換そのもの
技術によってたとえばネット空間があるから、情報交換できますよね
15権力
まあそういう技術が権力を決めたりもしますわな。

そういう中で外部環境を見てポジショニングしていく。これは環境です
内部環境で資源にしたりしていく、企業的にも個人的にも
駆け引きがゲーム論
学習ができればいいと思いますよ、外から学習できればそれだけ自分がわかるわけです。

イノベーションはそのように動いてる一面があるわけです。
そしてそれは市場の失敗を元にしてるし、それが資本を生み出す資本主義なんだということです。
問題はそれが組み合わさるということです。

足洗神社ここで汚れを清めてねクリック(広告です) xs