資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

カールマルクス・トマピケティ、国家公務員情報局 

超能力研究者コンタクト取りたし

イノベーションと科学技術と社会

科学技術はそれだけではイノベーションの原因にはならなくて、私のいうところの、技術、情報、労働、道具、権力、社会、交換そのもの、活動、心、時間、空間、自然、愛の組み合わせみたいです。科学技術の要因があるというそれだけではスタートしなくて、やはりほかの様々な要因と組み合わさって生まれるようです。

これがコモディティ化、伝統化するのはある意味でやばいと思うんですけど、伝統社会の幸せというものがあるはずで、そういう意味の一般均衡コモディティ社会というのも考えるべきだと思います。


もちろんイノベーションは格差と資本蓄積のゆがみを生むことがあります.基本的に寡占的な市場の失敗ですから。独占的市場と競争的市場のイノべ-ション論の争いがありますけど。完全競争市場では資本蓄積しない故に、イノベーションは出ません.何らかの寡占的市場、これは私の造語で寡占または独占的競争泥のべ-ションは出ます.やはり規模の経済が絡むらしいです。またリーダー、チャレンジャー、ニッチャー、フォロワーを生み出しますがフォロワーは幸せかという。そういう問題があるわけです。


だから新自由主義が完全競争からいわれることは笑止千万な訳で、市場の失敗を使うけどそれでいいかということになります。基本的に資本主義は市場の失敗に支えられているわけです.これを資本主義のジレンマと名付けたいと思います。市場はゆがむがいいかとそれがマーケティングとイノベーションな訳です。

ただそれを否定するだけではなくて市場のゆがみを前提にしつつ、社会を作っていく仕組みが必要と思います。それか完全コモディティ委の一般均衡か。


参考「イノベーションマネジメント入門」
3章

イノベーション・...

イノベーション・...
価格:3,024円(税込、送料別)

足洗神社ここで汚れを清めてねクリック(広告です) xs