資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

カールマルクス・トマピケティ、国家公務員情報局 

超能力研究者コンタクト取りたし

重農派的労働コスト一元説からの別れと天然経済要素の新たな多用コスト説。ならびに経済学説と労働問題の分離

重農派から労働価値説は始まった。だがそれは科学的根拠のない労働コスト一元説であり、天然素材を考えるとコストは労働だけでなく多元的であると考える方が妥当であろう。

そこで労働価値説の脱却(それは重農主義重商主義と基本的に変わらない。意味もなく労働がコストだと繰り返してるのだから。)多元的価値説の設立。新たな経済理論。経済理論と労働問題の分離が必要だろう。剰余価値説を振り返るとそうである。

足洗神社ここで汚れを清めてねクリック(広告です) xs