資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

カールマルクス・トマピケティ、国家公務員情報局 

超能力研究者コンタクト取りたし

ピケティも読む

前書きからピケティを読んでいる。
データを用いてクズネッツの結論を覆すというようなところだ。
つまりこの世は格差社会というわけだ

マルサスとヤングがフランス革命に論じたところではちょうど古典派が労働価値説を確立させる時だ。
つまり天然価値が忘れられ商業価値が忘れられ、という具合だ。
ピケティの格差解消論も環境問題には及ばない。

もしも重農主義が天然価値を持っていたなら今ピケティの分析も違うはずである。

足洗神社ここで汚れを清めてねクリック(広告です) xs