資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA

超人ロックになる大学 

超能力研究者コンタクト取りたし

超資本論入門

王道と奇道

今日はちょっと失敗談を書く。 若い頃に本当に勉強しなかった.今の職に就く資格試験の勉強しかしなかったし、 しかも就職に失敗してからである。 大学時代は陰謀論にはまった.あれも一面の真実はあるだろうが。 やはり王道の勉強をもっとすべきだったと思…

イノベーションと超資本論

イノベーションと資本論まさに社会*技術である。 技術的イノベーションでも組織社会的マネジメントが必要というのがエッセンス。企業間分業 分業、提携 スタンダード獲得のための連携 ネットワーク型地域集積 情報でアイディア交換 境界 統合化の便益 取引…

疎外とモチベーション論

さてモチベーションというのが労働を楽しみにする上で重要です。能力*モチベーション=パフォーマンスといわれています。方向性*行動持続性*強弱の変化アダルファーの 基本的な存在の要求exsistance) 人間関係(relatedness) 人間らしさ(growth)が妥当だと思…

イノベーションと資本論続きまとめ

報酬能力強制能力正当能力準拠能力専門能力 まずリーダーには上記の能力が必要である。そして製品プロダクトマネージャー*機能簿門長のマトリックス組織にもそれは必要である。 達成感 仕事への責任 承認 昇進が必要であり、会社の方針や人間関係、上司の監…

「資本主義のジレンマ」発表いたします

あまりにも10割公開は商業的に意味がないので、公開を差し控えさせていただきます。期間限定無料公開とさせていただきます。

イノベーション ポジショニング等における15の価値

1技術、 これはテクニック、あるやり方の情報ですよね.だから情報ともダブるんだけど ほかの価値と組み合わせて考えていきます。 2労働 だと専門職ということになりますよね.熟練労働とか。 3道具 これは技術によって物理的にどんどん発展してますね。ど…

経営学的経済学続き  イノベーションから14の価値によるポジショニングアプローチ 1労働。

さてミクロ経済学でいう市場の失敗が続かないとマーケティングもイノベーションも起きない というのが資本主義のジレンマの一つだった.またコモデティであるので、幸せであったり不幸であったりする そういう中で14の価値カテゴリー、技術、情報、労働、道…

さて経営学的経済学から

とりあえずイノベーションとマーケティングをかたづけてしまいましょう。イノベーションでは栄華必衰がつきものです。そしてそれはオリジナルというよりアノマリー、 系統的変化だそうです。そしてマーケティングでは、ラテラルマーケティング、非論理的なマ…

共産主義者には残念なお知らせ。

まず残念なおしらせをしなければなりません コモディティ化した一般均衡完全競争社会は果たして長期的利潤がゼロになるという状態をやっていけるのか、規模の経済、範囲の経済に対応できるのかが問題になります。この点で、ミクロ経済学の本で調べ直してみま…

コーズリレイテッドマーケティングとたとえば搾取問題

古典的マルクスの搾取利潤説は葬りましたが、僕自身搾取的だなと思うところで働いた経験がありますし、その責任からも搾取問題について触れてみたい。これはできるんです。コーズ・リレイテッド・マーケティング(社会的責任を負ったマーケティング)があると…

イノベーションと科学技術と社会

科学技術はそれだけではイノベーションの原因にはならなくて、私のいうところの、技術、情報、労働、道具、権力、社会、交換そのもの、活動、心、時間、空間、自然、愛の組み合わせみたいです。科学技術の要因があるというそれだけではスタートしなくて、や…

剰余価値学説から見た古典的マルクス経済学の終わりとアナティカルマルキシズム、ピケティ、水野

はいこんにちは、まずいままでのまとめを行っていきたいと思いますが、古典的マルキシズムでは価値は労働でした。 ところが剰余価値学説史を研究してみるとそれは重農学派から労働以外の天然価値を見いだすことに失敗した論理的ミスで、天然価値にはダブりが…

自己実現のコミュニズム・キャピタリズム

純顧客価値=総顧客価値—総顧客コスト これはですね砂漠だったら水にどんなコストをかけても飲みに行く 消費コストDMが半端じゃないんです。ただ、砂漠を作っても困るわけですよね。幸福じゃないと。 コモディティ化した製品の中に時折面白さがあると。コモデ…

マーケティングで作る資本論2

3価値と価格価値がなぜ価格になるのか。それはリカードの比較優位などの交換そのものの価値により価値が数量化され、分配されるからだ。生産手段を持ったものは資本として価格交換そのものという価値を増やし、資本を増やす。あくまでも資本主義を元に経済分…

マーケティングと資本論

14の価値でマーケティングする新資本論ピケティでカールマルクスが見直された。カールマルクスにおける資本論の価値は労働だった。労働が交換価値を生み、それが資本を作る。具体的には搾取だ。 もちろん搾取の時代がまだ話終わったわけではない。しかし消去…

こうかくと価値形態論を持ち出す人がいるかもしれませんが

一台のパソコン=2台のプリンタこの交換が成り立っていること自体が 市場という社会、それを成り立たせている権力、交換そのものの価値、商品の情報、商品をそこまで運ぶ労働 道具 商品の製造の技術 情報 労働 道具 という実際の価値の集合体で 成り立ってお…

さて 商品は

ある価値があるとすると 労働だけだと 労働以外の要素に対応できなくなってしまいます。たとえばある株券がワーテルローの戦いで紙くずになったとしましょう。 これはロスチャイルドが実際にもうけたんですが、労働ではありません。株券に仕組まれた情報が …

本当に簡単な資本論超入門1  資本論が新しく読める

本当に簡単な資本論の超入門を書きたいと思います。 まず使用価値です。これは効用と同じで、商品の価値をいいます。このパソコンはワープロやネットに使えるねとかそういうのです。もう一つ交換価値というものがあります。これはものが交換するときの価値で…

具体的人間労働とは

受注、設計、調達、作業、納品のような具体的な人間労働

使用価値とは、超入門

ポカキューCD、SM、いー とごろ合わせて生産性、品質、コスト、納期・経済性、モラール、環境 PQCDSME というのがありますんや、それも使用価値ですぜ。

ピケティの資本論とマルクスの資本論2

2ピケティの資本論 2枚目「古代から急激な人口増だった世界は20世紀半場から、急激な人口減少期に入った。21世紀末にはアフリカ大陸のみで微増し、全体的な増加水準が0パーセント水準になると思われる。」人口減少は経済成長に影響を及ぼすから格差が広がる…

超資本論入門2

信長くん 価格の謎に迫る。 100円のマルクス入門=100円のコーラ 100円のマルクス入門=100円で買えるコーラや、100円のすべてのもの 100円で買えるすべてのもの=100円のマルクス入門 100円で買えるすべてのもの=100円 信長くん「さてこの冒頭で出てきた価格…

xs