資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苦労しろ大学 

ネット大学を目指します とりあえず東洋医学の普及です 鬱・頸椎症 西洋医学で見放された人はどうぞ

剰余価値説について

はいこんにちはー。資本論全館ブックオフに大人売りしました。図書館にもちゃんと丸円全集がびっしっとありますし家にも思想全集でおやじが持ってるので、いざというときには借りるかかっぱらえばよし。 そういうわけで、久々に労働価値説について熱く語ろう…

資本主義の暫定的結論

資本主義は続く.資源がなくなったら今ある資源を取り壊して、エネルギーは太陽光、地熱などにシフトしてでも続く.これが今のところの結論である.なぜなら会計上拡大再生産じゃないと、完全予測して物が売れないからである。循環型社会がたぶん答えだろう…

総集編1剰余労働学説史研究

あと一言言っておきますが僕のやってることは異次元解釈で、淘汰が起きればそれはそれでいいんです。ただ正統派のモデルを使って議論の共通台にすればいいと思います。 では剰余価値の研究から、 スチュワート需給の否定、重農主義、その中から生産的なもの…

15の価値ミッシー

剰余価値説はマルクスが重農主義から引き継いだ主観的カテゴリーにすぎないことはすでに示しました。では15の価値も主観です。資本主義は自然の蓄積とアノマリーと相転移によるという仮説から成り立ちます。これが第一のレベル。時間、空間が第二のレベル物…

「資本主義のジレンマ」発表いたします

あまりにも10割公開は商業的に意味がないので、公開を差し控えさせていただきます。期間限定無料公開とさせていただきます。

共産主義者には残念なお知らせ。

まず残念なおしらせをしなければなりません コモディティ化した一般均衡完全競争社会は果たして長期的利潤がゼロになるという状態をやっていけるのか、規模の経済、範囲の経済に対応できるのかが問題になります。この点で、ミクロ経済学の本で調べ直してみま…

剰余価値学説から見た古典的マルクス経済学の終わりとアナティカルマルキシズム、ピケティ、水野

はいこんにちは、まずいままでのまとめを行っていきたいと思いますが、古典的マルキシズムでは価値は労働でした。 ところが剰余価値学説史を研究してみるとそれは重農学派から労働以外の天然価値を見いだすことに失敗した論理的ミスで、天然価値にはダブりが…

剰余価値説と可能なる共産主義モデル 苦労しろ大学 経済学部 最先端の共産主義学科

これも参考に!!!kurosiro1.hatenadiary.jp まず本物の共産主義とはスーパーピューターをできるだけ改良することです。 その一番すすんでるのが量子コンピューターですねそしてゲーム理論のマーケットデザインをつかってマーケットをデザインしていき搾取…

多元的価値論に寄る価値形態論批判

私はまずここで、価値を様々に考えてみた。そのすべては天然から出るものである。科学技術も天然の文明的利用だという観点を含めて。その上で新しい剰余価値説を打ち立ててみた。 まず価値から見ていこう。 これは数学的には集合だが厳密には、集合ではない…

重農派的労働コスト一元説からの別れと天然経済要素の新たな多用コスト説。ならびに経済学説と労働問題の分離

重農派から労働価値説は始まった。だがそれは科学的根拠のない労働コスト一元説であり、天然素材を考えるとコストは労働だけでなく多元的であると考える方が妥当であろう。そこで労働価値説の脱却(それは重農主義、重商主義と基本的に変わらない。意味もなく…

ランゲ

奴隷制は社会に必要であると論じた。法律等はそれを覆い隠すためであり、そこから剰余価値が出ると Slavery I argued that it is necessary to society. Laws is in order to obscure it, from there and surplus value comes out

ネッケル

ネッケルは労働するものとしないものの階級対立が、資本蓄積を生むと言っている。英語 Necker says class conflict produce surplus value

ロッシ、チャーマズ スミスの結び

ロッシ、需要として意味がある。公共財として意味がある。使用価値で労働を分けるのは誤り。チャーマズ、国教会に対して、あまりに卑劣。スミスは重金主義と同じことを言っている。

シュトルヒとシニョア

シュトルヒ文明が新たな生産労働を作る 知的財産、ドラッカーに似ている。 シイニョア医師や教授や名誉ある人は生産労働ではないのか。

剰余価値学説 テュスティット

テュスティット 生産者階級 労働者 不生産者階級 産業資本家 労働に商業価値をつけてうる。

フェリエとローデダーデル

フェリエ生産階級と不生産階級をひていする。 浪費的であるか経済的であるかである。ローデダールとセイ非物資的生産も生産労働とする。

剰余価値説 ガニル一

剰余価値学説史 ガニルその一 ガニルは富を過剰労働といった。これだけでもマルクスの怒りを買うだろう。 また一般的労働といい、貨幣を重視した重商主義者だったまた交換が価値を高めるといった。 ここまで正統派解釈。 ここから異端。だが過剰労働でも富は…

アダムスミスまで正統派と異端と人倫

正統派剰余仮設学説史解釈と異端アダムスミスは完全に労働価値説に立ったのである。でも彼の労働価値説は投下労働価値説と支配労働価値説が矛盾していた。もし彼がスチュワート流に支配労働価値説は市場価値、需給であると 認めるならば問題はなかった。だが…

ドラッカー参戦、公平な世界の後に。

まずテュルゴーもケネーも資本主義的大農業を支持していた。 ケネーは絶対王政、テュルゴーは急進的ブルジョア閣僚だった。シュマルツは地代のみが国家の収入にした。 クストディは工業にも剰余価値を発見した。これまでのところをまとめると重農主義か労働…

ピケティ、前書きと剰余価値説

スミスリカードの経済学説を先取りしてピケティの議論に備えよう。 スミスは重商主義を批判して、貨幣ではなく、国内の生産力アップが必要だとした。そのためには分業だ。 分業が起きると手段資本は蓄積していく。召使いみたいな不生産労働を止めて 生産性労…

ピケティも読む

前書きからピケティを読んでいる。 データを用いてクズネッツの結論を覆すというようなところだ。 つまりこの世は格差社会というわけだマルサスとヤングがフランス革命に論じたところではちょうど古典派が労働価値説を確立させる時だ。 つまり天然価値が忘れ…

ケネーとテュルゴー

ケネーは生産階級(農民),不生産階級、土地所有者といった。テュルゴーはもっとはっきりと剰余価値の存在を示した。 だがテュルゴーにおいて剰余価値は自然の賜物、天然剰余価値だった。ここまでは正統派である。だが、マルクスが労働価値説だけを取り出さず…

重農主義の矛盾

重農主義の矛盾は土地を離れず工業化に寄らねば資本主義は発展しないのに封建制であったことである。これが正統のいう矛盾である。だが異端発言だが資本主義の工業化としての農業は現在ある通りである。だがそこにマルクスは労働価値説の源流を見た。

重農主義をなぜマルクスは重要視したか

重農学派をマルクスが重視したのはまず、スチュワート的商業価値をマルクスが否定し、その生産的な労働価値説が出てきていたからにすぎない。地代は彼らの剰余価であった。だがここで異端説だが、マルクスは決定的な見逃しを行う、重農学派が自然と向き合っ…

サー・ジェイムズ・スチュワートの正統派的解説

もちろんこの人は安く買って高く売るということを唱えたにすぎない。彼の積極的利潤は、労働、勤勉、熟練等の増大により社会的富が増すものとしている。ここら辺は重農主義の流れだろう。 一方相対的利潤は資本家どうしで利潤を奪い合うものだ。 マルクスは…

剰余価値学説史から読み解くマルクス

さて資本論をメインにマルクスを読んでいきたいと思いますが、 その際に剰余価値説学説史の研究は欠かせません。 ここを勉強して始めてなぜ労働価値説が出てきたのか理解することができましょう。 そうです。農業という自然の土地の影響を与えるのが労働だっ…