資本論 剰余価値 剰余価値学説史  MBA
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苦労しろ大学 

ネット大学を目指します とりあえず東洋医学の普及です 鬱・頸椎症 西洋医学で見放された人はどうぞ

ネオ主流派

ネオ主流派というのを思いつきました。 ピケティを元に主流派やマルクスを取り込んでいくモノがネオ主流派ですマルクスではさんざん私は批判もしましたが 自己批判すると搾取されてる現実をもっと直視するべきだったなあと思います。では今日はピケティ読ん…

「資本主義のジレンマ」発表いたします

あまりにも10割公開は商業的に意味がないので、公開を差し控えさせていただきます。期間限定無料公開とさせていただきます。

共産主義者には残念なお知らせ。

まず残念なおしらせをしなければなりません コモディティ化した一般均衡完全競争社会は果たして長期的利潤がゼロになるという状態をやっていけるのか、規模の経済、範囲の経済に対応できるのかが問題になります。この点で、ミクロ経済学の本で調べ直してみま…

剰余価値学説から見た古典的マルクス経済学の終わりとアナティカルマルキシズム、ピケティ、水野

はいこんにちは、まずいままでのまとめを行っていきたいと思いますが、古典的マルキシズムでは価値は労働でした。 ところが剰余価値学説史を研究してみるとそれは重農学派から労働以外の天然価値を見いだすことに失敗した論理的ミスで、天然価値にはダブりが…

ピケティ、マルクス比較 苦労しろ大学 経済学部 ピケティ学科

まずピケティとマルクス理解 21世紀の資本新品価格¥5,940から(2015/10/19 08:46時点) 【図解】ピケティ入門 たった21枚の図で『21世紀の資本』は読める!21世紀の資本 【図解】ピケティ入門 たった21枚の図で『21世紀の資本』は読める!新品価格¥1,404から(…

ピケティとマルクスの資本論3

3,1ピケティの資本論「一人当たりのGDP成長率は、人口増加を後追いする形で、19世紀半場から上昇し始めてきた。しかしピーク機はもう過ぎつつある。21世紀末には1パーセント程度まで下がると推測される。」格差を広めないための経済成長は鈍りつつある。マル…

ピケティの資本論とマルクスの資本論2

2ピケティの資本論 2枚目「古代から急激な人口増だった世界は20世紀半場から、急激な人口減少期に入った。21世紀末にはアフリカ大陸のみで微増し、全体的な増加水準が0パーセント水準になると思われる。」人口減少は経済成長に影響を及ぼすから格差が広がる…

ピケティの読み方、あとマルクス経済学を勉強するためのミクロマクロ入門

マンキューのミクロマクロ入門と、梶取ミクロ、斉藤他マクロやってみてください。

資本論の読み方

資本論をまず入門書なしで読める人はいません。 だから僕の超入門か後でリンク貼りますが、木暮太一さんのマルクスるを読んでください。 その上で、あとは大谷さんの社会経済学を読んで、資本論を読み込んで読み込めばマルクスの資本論はまず読めます。それ…

ピケティ、ドラッカー、ヘーゲル要約

うピケティの要約国民所得の労働資本比率はまちがえている。ドラッカー要約マーケティングは最適をかんがえよ。 既存の製品、既存の製品の廃棄、既存市場の新製品、新市場。 流通チャネル、アフターサービス。信用供与イノベーション製品とサービス、市場の…

新古典派とピケティ

神取ミクロの一般均衡モデルでpx=pw+Σθpy(p)という予算制約の、生産経済が一般均衡だ。確かに一般均衡するが初期資産が違うのでものすごい格差社会である。しかもピケティの議論が正しければ格差は拡大する。 エッジワースは消費交換経済なので生産経済では…

ピケティ等要約

ピケティの要約主流派経済学なので成長はいいこと格差を縮める。資産の不平等が問題 マルクスの要約成長は搾取を強め不平等を強める。

ドラッカー参戦、公平な世界の後に。

まずテュルゴーもケネーも資本主義的大農業を支持していた。 ケネーは絶対王政、テュルゴーは急進的ブルジョア閣僚だった。シュマルツは地代のみが国家の収入にした。 クストディは工業にも剰余価値を発見した。これまでのところをまとめると重農主義か労働…

ピケティ、前書きと剰余価値説

スミスリカードの経済学説を先取りしてピケティの議論に備えよう。 スミスは重商主義を批判して、貨幣ではなく、国内の生産力アップが必要だとした。そのためには分業だ。 分業が起きると手段資本は蓄積していく。召使いみたいな不生産労働を止めて 生産性労…

ピケティも読む

前書きからピケティを読んでいる。 データを用いてクズネッツの結論を覆すというようなところだ。 つまりこの世は格差社会というわけだマルサスとヤングがフランス革命に論じたところではちょうど古典派が労働価値説を確立させる時だ。 つまり天然価値が忘れ…